表彰部門

ものづくり日本大賞の表彰部門

ものづくり日本大賞は、下記(1)~(4)の4分野において、特に優れた成果をなしえた個人、グループ等を表彰します。

(1)産業・社会を支えるものづくり (3)ものづくりを支える高度な技能
①製造・生産プロセス部門
②製品・技術開発部門
③伝統技術の応用部門
④海外展開部門
①ものづくりの現場を支える 高度な技能部門
(2)文化を支えるものづくり (4)ものづくりの将来を担う高度な技術・技能
①一般部門(就業者)
②青少年部門(学生)
③青少年支援部門

表彰の対象となる4つの分野のうち、「(1)産業・社会を支えるものづくり」及び「(4)ものづくりの将来を担う高度な技術・技能」のうち「③青少年支援部門」について受賞候補者の募集を行います。応募のあった候補者の中から受賞者の選考を行い、表彰します。(※上記以外は既存の各種大臣表彰制度等の受賞者等の中から選考を行います。)

■募集の対象となる業種
募集の対象となる業種は、日本標準産業分類の「C 鉱業、採石業、砂利採取業」、「E 製造業」に含まれる業種及び「G 情報通信業」のうち「391 ソフトウェア業」とします。

■表彰部門と受賞者の人数
以下の(1)①②③④の部門について、それぞれ受賞者の選出を行います。受賞者は個人又はグループのどちらも対象となります。(4)③青少年支援部門については、企業、NPO(特定非営利活動法人)等から受賞者の選出を行います。

(1)産業・社会を支えるものづくり

1 製造・生産プロセス部門
製造・生産工程における画期的なシステムや手法の開発・導入によって、生産の抜本的効率化など、生産革命を実現させた個人又はグループを表彰します。
内閣総理大臣賞最大2件
経済産業大臣賞最大4件程度
特別賞数件程度
優秀賞
2 製品・技術開発部門
高度な技術的課題を克服し、従来にない画期的な製品・部品や素材等の開発・実用化を実現させた個人又はグループを表彰します。
内閣総理大臣賞最大5件
経済産業大臣賞最大9件程度
特別賞数件程度
優秀賞 
3 伝統技術の応用部門
地域に根ざした文化的な技術や、熟練人材により受け継がれてきた伝統的な技術の工夫や応用によって、革新的・独創的な製品・部品や素材、生産プロセスの開発・実用化を実現させた個人又はグループを表彰します。
内閣総理大臣賞最大1件
経済産業大臣賞最大3件程度
特別賞数件程度
優秀賞
4 海外展開部門
日本の製造・生産プロセス、製品・部品や素材、技術開発および伝統技術を海外展開することにより現地日系企業の生産性の向上や市場拡大等を通じ我が国ものづくり産業に貢献した、日系企業に勤める個人又はグループを表彰します。
経済産業大臣賞最大1件程度
特別賞数件程度
優秀賞 

(4)ものづくりの将来を担う高度な技術・技能

3 青少年支援部門
若年ものづくり人材(学生・生徒)の育成支援に積極的に取り組んでいる企業、NPO等のうち、その活動が目覚ましいと認められる企業、NPO等を表彰します。
経済産業大臣賞 最大1件程度
特別賞 数件程度
優秀賞  

※企業、NPO等は、法人格を有する団体(学校を除く)とします。