賞の構成

ものづくり日本大賞は、下記1~4の4分野において、特に優れた成果をなしえた個人、グループ等を表彰します。

表彰の対象となる4つの分野のうち、「1産業・社会を支えるものづくり」及び「4ものづくりの将来を担う高度な技術・技能」のうち「③人材育成支援部門」について受賞候補者の募集を行います。応募のあった候補者の中から受賞者の選考を行い、表彰します。 (※上記以外は既存の各種大臣表彰制度等の受賞者等の中から選考を行います)

 

(1)産業・社会を支えるものづくり

①製造・生産プロセス部門  
②製品・技術開発部門
③伝統技術の応用部門
④「Connected Industries –優れた連携」部門

(2)文化を支えるものづくり

(3)ものづくりを支える高度な技能

①ものづくりの現場を支える高度な技能部門

(4)ものづくりの将来を担う高度な技術・技能

①一般部門(就業者)
②青少年部門(学生)
③人材育成支援部門