賞の構成

ものづくり日本大賞は、下記1~4の4分野において、特に優れた成果をなしえた個人、グループ等を表彰します。

表彰の対象となる4つの分野のうち、「1.産業・社会を支えるものづくり」及び「4.ものづくりの将来を担う高度な技術・技能」のうち「③人材育成支援部門」について受賞候補者の募集を行います。応募のあった候補者の中から受賞者の選考を行い、表彰します。
(※上記以外は既存の各種大臣表彰制度等の受賞者等の中から選考を行います)

(1)産業・社会を支えるものづくり

1.製造・生産プロセス部門
製造・生産工程における画期的なシステムや手法の開発・導入によって、生産の抜本的効率化など、生産革命を実現させた個人又はグループを表彰します。
2.製品・技術開発部門
 高度な技術的課題を克服し、優れて画期的な製品若しくは部品や素材等の開発・実用化を実現させた個人又はグループを表彰します。
3.伝統技術の応用部門
地域に根ざした文化的な技術や、熟練人材により受け継がれてきた伝統的な技術の工夫や応用によって、革新的・独創的な製品若しくは部品や素材、生産プロセス等の開発・実用化を実現させた個人又はグループを表彰します。
「ものづくり+(プラス)企業」部門

製造した「もの」を活用してサービス・ソリューションへと展開を図り、新たなビジネスモデルによる新たな付加価値を作った個人又はグループを表彰します。

(2)ものづくりの将来を担う高度な技術・技能

人材育成支援部門

青少年育成支援や第4次産業革命に対応したデジタル化対応の人材育成等、幅広く、日本の将来のものづくり人材育成支援において、その活動が目覚ましいと認められる企業、NPO等を表彰します。